財産分与

財産分与とは婚姻中にお互いが築いた財産を清算することです。
財産には、結婚前から各自が個別に所有していた特有財産と、夫婦の合意で共有し、共有の名義で取得した財産である共有財産、婚姻中に夫婦が協力して取得したどちらか一方の名義の財産である実質的共有財産の三つがありますが、分与の対象となるのは共有財産と実質的共有財産の二つになります。
例えば、現金や銀行の預貯金、株券、家や土地などの不動産、自動車、積み立て型の保険、家具家電などです。また住宅ローンや生活のために行った借金も負の財産として分与の対象となります。
財産の名義がどちらか一方のものであったとしても、実質、2人の関係があって形成維持された財産に関しては両者に清算されることが一般的となっています。
離婚をする時には、色々と考えなければならないことが多く、財産を一つ一つ話し合って分与していく作業は非常に困難なことです。
しかし、分与の請求手続きは離婚から二年以内にしか出来ないことを考えれば、離婚後に考えるよりは離婚の話し合いの際に一緒に行ったほうが面倒がないといえます。
後々、トラブルになりやすいことですので、分与の話し合いがスムーズにいかない場合は、専門家に相談したほうがよいでしょう。

Comments are closed.