子どもの養育費

離婚をするときには、養育費や慰謝料を支払うということばを耳にすることがあります。
養育費は、子どもを養育するためにかかる費用で、慰謝料は有責であった場合に、有責者が支払う損害賠償のことです。たとえば、妻の浮気によって離婚したけれども、親権は母親になったために母親が子供を養育するという場合には、慰謝料は妻が夫に支払い、子の養育者である妻に対して、夫は養育費を支払うことになります。性格の不一致など、どちらも悪くない場合には、慰謝料は支払わず、子にかかるお金だけを支払うことになります。
養育にかかわるお金は、たとえば妻が親権をもった場合、夫の収入や妻の収入に応じて変動しますが、たいていの場合は一人当たり2万円から5万円程度が妥当とされています。いつまで支払うかは、夫婦の話し合いによって決まりますが、高校を卒業するまでか、大学を卒業するまで、または成人になるまでとすることが多いです。
しかし、支払をしっかりと何十年も続けることは難しいため、離婚をするときに公正証書を作る方法があります。公正証書で法的にしっかりと取り決めをしておくことで、支払が滞った場合に給与を差し押さえたり、財産を差し押さえることが可能です。

Comments are closed.