相続

離婚をした場合には、その時点で夫と妻は他人に戻ります。そのため、離婚をした後で一方が死亡した場合には、元配偶者には相続をする権利はありません。しかし、二人の子どもがいる場合、両親が離婚していてもいつまでも血のつながりはそのままになりますので、遺産を受け取る資格はあります。亡くなった人に新しい配偶者がいない場合には、遺産は子どもが人数で頭割りしたものを受け取ることになりますが、配偶者がいるときには、配偶者が2分の一、残りを前妻、本妻のどちらの子であっても子どもの人数で割って受け取るということになります。
離婚の原因にはいろいろありますが、前妻の子どもに遺産を譲りたくないと考えている場合には、権利はいつまでも継続しますので遺言書を作成しておくことをお勧めします。もちろん、遺言書を作成しても、本来の持分の2分の一は遺留分として請求される可能性もありますが、本来の法的な持分よりは新しい配偶者と子どもに多めに渡すことができます。遺言書は自筆ではなく、公証人に依頼して作成した公正証書遺言の方が信頼性が高いですし、後に検認手続きも必要ありませんので便利です。費用はかかりますが、公証人に相談しましょう。

Comments are closed.