離婚に関する法的手続き

離婚は役所に届けを出せば簡単にできると思われている方が多いかもしれません。確かに、それで成立はしますが、財産分与や養育費などの問題を放置して安易に届を出してしまうと、後々トラブルになる危険性が高いのです。別れる前には自分たちだけでなく、子供の人生も長い目で見て、様々な取り決めをしておくべきなのです。
まず、当事者間で話し合って別れる方法が9割と最も多いです。両者とも別れる意思なので、話は早いのですが、多くの場合夫婦関係が破たんしています。そうすると、二人で冷静な判断を出すのは難しいので、弁護士が代理人として関与することでスムーズに話が進むようです。
また、当事者間の話し合いがまとまらない場合には調停となり、これは全体の9%と言われています。裁判所の関与の下行われるので、法律をベースに進んでいきます。調停申立書の作成や、自身の主張を法的根拠に基づいて主張する必要があるので、弁護士のサポートを受けながら進めるべきです。
そして調停によっても話し合いがまとまらなかった場合は裁判となります。これは全体の1%とされます。認められるには不貞行為などの証拠が必要となるので、こちらもやはり弁護士などの法律の専門家のサポートを受け、法的手続きを進めるのがベターです。

Comments are closed.