内縁の不当破棄

多くの家庭では婚姻届を提出し、法律上も夫婦と認められた方が一緒に生活をされていますが、夫婦同然に暮らしているにかかわらず、婚姻届を提出していない場合もあります。
こういった場合はいわゆる内縁と呼ばれる関係にありますが、そうした関係を解消する場合も、戸籍には変化がなく、いわゆる離婚とは違う形となります。
離婚のように法的手続きは行う必要はなく、共同生活を解消することで、その関係は終わることとなります。

お互い合意のうえで、別れるのであれば、特に問題はないと言えますが、どちらかが一方的に関係を解消したがる場合もあります。
そうした場合はどのように対処して良いのかも悩むところですが、正式な結婚でなくても実態はほぼ婚姻関係と同じとなっていますので、関係を不当破棄した場合は損害賠償の責任が生じることとなります。
離婚のときと同じように、財産分与や慰謝料の請求も行えることとなりますので、まずはしっかり話し合いを行いましょう。
そして、話し合いで解決ができない場合は、法律の専門家のサポートを受けることも考えていきましょう。
口頭での約束であればその後トラブルにつながる可能性もありますので、協議書などの書類は残しておくようにしたいものです。

Comments are closed.