重婚的内縁

世間的には夫婦として認められている関係であっても、実は内縁の関係であったということは少なくないものです。
婚姻関係にある夫婦の場合は婚姻届を提出しており、法的にも夫婦として認められています。
そして、内縁関係の場合は、実態は普通の夫婦のように生活していても、婚姻届を提出していないという違いがあります。

そして、お互いが独身である内縁関係もありますし、いずれかが別の人と婚姻関係を結んでいる、もしくは両方が婚姻関係を持っている場合もあります。
それから、一方が相手に配偶者がいることを知らずに内縁関係になっている場合もあります。

配偶者がありながら、別の異性と夫婦のように暮らしている関係を重婚的内縁と呼びます。
法律では重婚は認められていませんので、婚姻関係を結んでいるほうが法律婚、そして内縁関係のほうが事実婚ということとなります。

内縁関係を解消する場合も慰謝料の請求は行えますが、重婚的な内縁関係の場合は相手方の配偶者から慰謝料を請求される場合もあります。
事実婚の場合は、法律婚の場合の配偶者よりも法的に弱い立場となることも多いですが、トラブルが起きた場合は法律の専門家のサポートを受けるなどで対処していきましょう。

Comments are closed.