慰謝料

離婚の慰謝料は、有責配偶者が支払うことになっています。訴訟で請求する場合には、金額などについては裁判所で判断が下されますが、任意で支払いをする場合は双方の話し合いになりますので、なかなかまとまらないことがあります。訴訟における手続きでは、相手が有責であることの証明をするために証拠を用意しなければなりませんし、支払いを請求する金額もあらかじめ決めて訴えを提起することになります。しかし、言われたとおりの金額を支払うケースはほとんどなく、相手に対しての反論を行い、減額または訴えの棄却を求めてきます。裁判官は、これらの双方の主張を鑑みて、客観的に支払う義務があるかどうか、支払うとすればいくらが妥当かということを判断します。これに納得がいかなければ、さらに上位の高等裁判所に訴えを提起することもできますが、通常は長引かせるのも大変ですので、一審で判決が出たらそのままの金額を支払うケースが多いです。離婚の訴訟では、この他にも財産分与や親権、養育費のことなども請求をします。離婚も含めた訴えの場合には、調停前置主義といって事前に調停が不成立になっているという事実が必要になりますので、調停の申し立てが必要です。

Comments are closed.